1. ペット大好き!
  2. ペット図鑑
  3. ネコ図鑑
  4. ロシアン・ブルー
スーパーナチュラルフード HALO(ハロー)

ペット図鑑

ネコ図鑑

ロシアン・ブルーRussian blue

このネコのはっきりした起源はわかっていませんが、一説によると1860年ごろにロシア西北部のアーケンジェルから商業船に乗せられて、イギリスに連れてこられたとされています。当時はまだ名前が定まっておらず、知られているだけでもアーケンジェル、フォーリンブルー、スパニッシュブルー、マルティーズなどの名前で呼ばれていたようです。

その後、1895年のキャットショーにブルーとして出展。ブルーとはネコに関する独特の用語で、実際は“灰色の毛色を持ったネコ”をこう呼び、ロシアン・ブルーも、当時はまだほかのブルーのネコと一緒に扱われていました。独立した品種として区別されるようになったのは1912年のことで、ブリティッシュ・ブルーからクラス分けされ、ロシアン・ブルーとなりました。

この品種の人気は第2次世界大戦前まではたいへん高かったようですが、戦時中にほとんど絶滅してしまいました。

現在のロシアン・ブルーがあるのは、イギリスのひとりのブリーダーによって守られた繁殖用のネコのおかげです。ただ、そのブリーダーの手に生き残ったロシアン・ブルーの目はオレンジで、体型も今より丸かったようです。

原産国/発生
イギリス
名前の由来
ロシア帝国の貴族に寵愛されたネコなので。
特徴
最大の特徴はブルー(青灰色)の被毛。目はグリーンで丸く、やや離れています。
性格
非常におとなしくめったに鳴きません。人見知りが激しく、見知らぬ人にはおびえることも。
被毛のタイプ
被毛は分厚いダブルコート(上毛と下毛からなる二層の被毛)で、シルクの手触りです。
カラー
毛色はブルー(青灰色)だけです。
お手入れ
たまに温かくした濡れタオルで拭くとよいでしょう。また時間があれば毛艶を保つためにも、毎日両手でマッサージしてあげるのもいいでしょう。ブラッシングは定期的に。1~2ヶ月に1度はシャンプーをしてあげましょう。
お手入れは?
毛は抜ける?
よく鳴く?
こんな人に向いています
丈夫で飼いやすい品種。頭も良く飼い主を信頼し愛情を理解します。メスは子の面倒を良く見る良い母ネコとなり、子育ても安心です。
  • ペット保険比較 あなたのペットに最適な保険を選ぼう
  • メルマガ会員募集
  • 4コマ漫画「ネコチチイヌハハ」
  • 高品質で栄養バランスに優れたセレクトバランス
  • あなたにぴったりのペットを選ぼう This one
  • ペットライブラリー株式会社