1. ペット大好き!
  2. ワールドペットニュース
  3. 犬・猫飼育者全体の3人に1人は多頭飼育「ペットの飼育と支出」アンケート
スーパーナチュラルフード HALO(ハロー)

ワールドペットニュース

犬・猫飼育者全体の3人に1人は多頭飼育「ペットの飼育と支出」アンケート

ニュース全般

SBIいきいき少額短期保険株式会社は、3月20日の動物愛護デーにちなみ実施した「ペットの飼育と支出」に関するアンケート調査の結果を発表した。

 アンケートは全国の犬・猫を飼育する20歳以上の人を対象に行われた。有効回答は1,105名。「犬・猫」を飼っている人に「ペットの種類と頭数」を聞いたところ、半数以上(52.5%)が犬を飼育し、猫は36.4%。犬と猫の両方を飼育している人は11.1%、また全体の3人に1人は犬と猫を2頭以上飼育する多頭飼いという結果となった。

 ペットにかけている支出の全体平均は1ヶ月で11,459円となったが、犬1頭を飼っている回答数(401)の平均値9,396円に比べ、猫1頭を飼っている回答数(220)の平均値は5,872円となり、1頭飼育では猫は犬の62%、多頭飼育でも65%と低い数値となり、一般的にいわれる「犬よりも猫の方が飼育費は低い」という結果がこのアンケートでも実証された。

 「ペットの入手先」では、犬のみ飼育者580名のうち8割弱の447名は、ペットショップ・ブリーダーから購入、猫のみ飼育者では402名のうち8割弱の309名は、譲り受けか拾ってきて飼っていると答えた。犬の場合、1頭では「ペットショップ購入」が過半を占めるが、多頭飼育になると、「ブリーダーから購入」の比率が増え、一方、猫の場合、1頭では「知り合いから譲り受け」「拾ってきた」方が多く、多頭飼育になると「保護団体等から譲り受け」「拾ってきた」比率が増加している。

 犬・猫飼育者の居住環境は持家一戸建てが飼育種類・頭数を問わず、過半数を超え、特に犬2頭以上と犬・猫両方では74%以上という結果に。猫飼育では1頭でも2頭以上でも賃貸の答えが20%以上あり、猫は比較的賃貸で飼われていることがわかった。

 「今後のペット関連支出の増加にどう対応するか」という質問には、「ペットのためなら増えても構わない(節約しない)」と答えた人が41.4%と最も高く、続いて「ほかの生活費を節約する」人が31.7%、「ペット関連支出を節約する(26.9%)」が最下位で、ペット飼育者はペットのためならお金を惜しまない人が多いという結果となった。

関連URL: SBIいきいき少額短期保険のプレスリリース

  • ペット保険比較 あなたのペットに最適な保険を選ぼう
  • メルマガ会員募集
  • 4コマ漫画「ネコチチイヌハハ」
  • 高品質で栄養バランスに優れたセレクトバランス
  • あなたにぴったりのペットを選ぼう This one
  • ペットライブラリー株式会社