1. ペット大好き!
  2. ワールドペットニュース
  3. 劣悪環境にいたウクライナのサーカス熊が救出されスイスへ
スーパーナチュラルフード HALO(ハロー)

ワールドペットニュース

劣悪環境にいたウクライナのサーカス熊が救出されスイスへ

海外

ウクライナのサーカスで10年間働かされていた熊のジャンボリーナが自由のない職場からついに解放され、スイスの動物保護施設へ送られることになった。

コロナウイルスのパンデミックによってサーカスが閉鎖になって以来、11歳のジャンボリーは何ヶ月も檻に閉じ込められていた。その檻はあまりに小さく、彼女は立ち上がったり体勢を変えたりすることさえできなかった。
国際動物愛護団体である「フォー・パーズ」は「アロサ・ベアー・サンクチュアリー」と協同し、孤独で劣悪な環境で暮らすジャンボリーを救うプロジェクトを計画・実行することにした。

彼らはジャンボリーを安全にスイスへ移送するため、ポーランド、ドイツ、を経由する4日間の旅程を組んだ。
「熊を4カ国をまたいで移送するだけでも大変なのに、コロナ渦のなかでそれを行うのは大きな挑戦だった。ジャンボリーの体調に留意しながら、輸送手続きに必要な大量の書類を準備しました」と愛護団体の担当者は振り返る。

4カ国を渡って無事にスイスに入国したあと、ジャンボリーは雪山に架かる空中ケーブルカーに乗って山の上へ上がった。さらにスノーグルーマーと呼ばれる雪ならしに使われるトラックに牽引され、12月11日にやっと終の住処となるサンクチュアリーに到着した。

ジャンボリーはサンクチュアリーのスタッフたちに温かく迎えられ、新しい生活をスタートさせた。長年のサーカスでの生活で彼女の健康状態は悪化しており、爪もひどく傷ついた状態になっている。サンクチュアリーのチームは彼女が新しい環境に慣れるまで他の熊から隔離させ、注意深く観察と治療を行う予定だ。
「適切な食生活をすることで冬眠のリズムに慣れていき、熊本来の本能を取り戻してくれたら」とチームは願っている。

関連URL: Circus Bear Living in 'Tiny Cage' Rescued and Brought to Swiss Sanctuary: 'A New Start in Life'

  • ペット保険比較 あなたのペットに最適な保険を選ぼう
  • メルマガ会員募集
  • 4コマ漫画「ネコチチイヌハハ」
  • 高品質で栄養バランスに優れたセレクトバランス
  • 全国のペットショップの採用情報
  • ペットライブラリー株式会社