1. ペット大好き!
  2. ワールドペットニュース
  3. キツネのような犬?ブラジルで新種のハイブリッド犬を発見
セレクトバランス 皮膚と体の健康を維持するヘルシーフード

ワールドペットニュース

キツネのような犬?ブラジルで新種のハイブリッド犬を発見

海外

ブラジルで偶然見つかったちょっと変わった犬が、南アメリカパンパスキツネと犬のハイブリッド新種である可能性が高いということがわかった。

その犬の見た目はこれまで見たことのある犬と違い、発見当初から研究者たちを困惑させた。犬のように吠え、くりっと丸い目と濃い色の毛皮が犬らしいが、ピンと三角に尖った耳の形と長い鼻が特異だった。その犬はドッグフードは食べず、小さいネズミしか食べなかった。

行動に関して言うと、「犬ほど従順ではないが、野生の動物にしては攻撃性や警戒心がそこまで強くない」と、その犬の世話を担当する自然保護活動家は話す。

その犬が最初に発見されたのは2021年で、車と接触して重度のケガを負った状態で保護され、野生動物保護施設で治療とリハビリを行った。
ケガの治療は成功したが、専門家たちには大きな疑問が残った。なぜならその犬はその地域に生息する4種類のイヌ科動物のうち、どれとも体の特徴が完全に一致しなかったからだ。

その後、犬の染色体などの遺伝子データを調べた結果、発見された犬はパンパスキツネと家庭で飼われる一般的な犬のハイブリッドであることがわかった。パンパスキツネはキツネと呼ばれているが、イヌ科・スジオイヌ属の動物である。進化の過程で670万年前に分離し、違う属種に分類されるこれら2種のイヌが交種するというのは非常にめずらしいケースだ。

発見された犬は、DNA情報から父親が普通の犬で、母親がパンパスキツネだと考えられる。その地域にほかに同じようなハイブリッド犬がいるかは不明だが、研究者たちはまだいるはずだと期待している。
しかし残念なことに、発見された犬はケガの回復の後に動物園で何らかの理由によって死んでしまったようだ。

関連URL: Curious Canine in Brazil Turns Out to Be a First-of-Its-Kind Hybrid

  • ペット保険比較 あなたのペットに最適な保険を選ぼう
  • メルマガ会員募集
  • 4コマ漫画「ネコチチイヌハハ」
  • 全国のペットショップの採用情報
  • ペットライブラリー株式会社
  • あにまるケアハウス