1. ペット大好き!
  2. ワールドペットニュース
  3. 柴犬が台湾で大人気の理由とは?
スーパーナチュラルフード HALO(ハロー)

ワールドペットニュース

柴犬が台湾で大人気の理由とは?

海外

縄文犬が先祖といわれている日本古来の犬である柴犬。これまでに何度も絶滅の危機を経験しながらも、天然記念物として人々に愛されてきた。

そんな柴犬がいま、海を越えて台湾で人気を集めているようだ。公園などの広いスペースに行くと必ず柴犬を見かける。
「台湾柴犬クラブ」によると、柴犬は5年ほど前から人気になり始めた。都会のマンションでも飼えるサイズ感、あまり吠えない、臭いがきつくない、健康で体が丈夫、優しい性格といった特徴が人気の理由として挙げられる。
また、日本の文化が浸透している台湾では、日本の映画やドラマ、コマーシャルに出てくる柴犬を目にする機会が多く、柴犬のキャラクターおもちゃなども人気につながった。

現在どれくらいの数の柴犬が台湾にいるのかわからないが、1人のブリーダーが平均して月に4匹のペースで柴犬の子犬を販売している。ペットショップでは柴犬の子犬が1匹390ドル〜820ドルで売られている。

その一方で柴犬人気にあやかり、利益重視で倫理に反するブリーダーも増えて問題になっている。動物保護施設を運営するシュウ氏は「後になって遺伝子の健康問題に気づくこともあるので、子犬を買うときは必ずその親犬にも会うことが大事」と警告を鳴らしている。

関連URL: Japanese Dog That Almost Disappeared Very Popular in Taiwan

  • ペット保険比較 あなたのペットに最適な保険を選ぼう
  • メルマガ会員募集
  • 4コマ漫画「ネコチチイヌハハ」
  • 高品質で栄養バランスに優れたセレクトバランス
  • あなたにぴったりのペットを選ぼう This one
  • ペットライブラリー株式会社