1. ペット大好き!
  2. ワールドペットニュース
  3. エリザベス女王が2匹の新しい飼い犬の名前を公表
スーパーナチュラルフード HALO(ハロー)

ワールドペットニュース

エリザベス女王が2匹の新しい飼い犬の名前を公表

海外

94歳となるエリザベス女王はコーギー好きで知られており、今年3月5日に新たに2匹の犬を女王のペットとしてロイヤルファミリーに迎え入れた。

報道によると、1匹はコーギーとダックスフンドのミックスで、名前はFergus(ファーガス)と名付けられた。ファーガスという名前は、第一次世界大戦で戦死した女王の母方の叔父ファーガス・バウズ・リオン氏に由来している。
ファーガス氏は尊敬すべき存在として扱われ、その生涯は王室の中で代々語り継がれている。

もう1匹は茶色と白のコーギー犬で、名前はMuick(ミック)。スコットランド高地にあるバルモラル城にある湖「Loch Muick(マイック湖)」から名付けられた。この湖は王家の人々がピクニックや散歩を楽しむ人気の場所で、エリザベス女王も度々訪れている。

2匹の名前はまさにエリザベス女王らしい、英国王室と非常に深い結びつきを持ったものだ。
エリザベス女王の母は1923年にジョージ6世と結婚した際、ファーガスを偲んでブーケを墓に捧げた。それ以来、結婚した王室の花嫁は皆、ウェストミンスター寺院にある無名戦士の墓にブーケを捧げるのが伝統となっている。

新たに王室に加わった2匹は、女王がすでに飼っている犬のキャンディーともうまくやっているようだ。フィリップ殿下の心臓手術や、王室を出て何かと世間を騒がせているハリー夫妻のことで気を揉んでいる女王にとって、2匹の存在は大きな癒しになってくれるだろう。

関連URL: Names of Queen Elizabeth's new dogs revealed: report

  • ペット保険比較 あなたのペットに最適な保険を選ぼう
  • メルマガ会員募集
  • 4コマ漫画「ネコチチイヌハハ」
  • 高品質で栄養バランスに優れたセレクトバランス
  • 全国のペットショップの採用情報
  • ペットライブラリー株式会社
  • あにまるケアハウス
  • ペットシッターあにまるている