1. ペット大好き!
  2. ワールドペットニュース
  3. シカゴをネズミ被害から守るため、千匹の保護猫が出動
スーパーナチュラルフード HALO(ハロー)

ワールドペットニュース

シカゴをネズミ被害から守るため、千匹の保護猫が出動

海外

イリノイ州のシカゴは深刻なネズミ問題を抱えている。街で繁殖して数が増え続けており、道路を歩いているとネズミが人の足の間を走り抜けていくほどだ。
家やオフィスのなかにも侵入し巣を作って定住するネズミも多く、シカゴ住民の頭を悩ませてきた。

そんなネズミ問題を解決するため、シカゴ市は2012年から地域の保護動物施設である「Tree House Humane Society」と連携し、「Cats at Work(仕事中の猫)」と呼ばれる猫によるネズミ駆除プログラムを行っている。
猫によるネズミ駆除は昔ながらの地道なやり方ではあるが、薬品や毒を使わない環境に優しい方法としてその価値が見直されてきている。

動物保護施設はもともと野良猫で人間の家に馴染めない猫や、保護されたあとに古巣での猫のコミュニティーに戻れなくなった猫たちをネズミ駆除の担い手にした。すべての猫は去勢、避妊手術を済ませ、ネズミ被害に悩む住民の家やオフィスに配属される。
基本的にクライアント自身が飼い主として猫の餌・水やり、トイレ掃除などの世話を行うルールとなっている。

プログラムを始めて9年目になるが、すでに1000匹以上の保護猫たちがネズミ駆除に貢献し、その効果も着実に表れているようだ。
「猫たちはそんなにたくさんネズミを食べるわけではなく、この場所に初めて来たときにもの珍しさで数匹のネズミを殺したの。それ以来ネズミたちは来なくなったわ。猫が発するホルモンによってネズミが寄り付かなくなるみたい。居るだけでネズミ避けになるなんて最高よ」とプログラムのクライアントであるリスさんは満足げに話す。

多くの場合、保護猫たちはクライアントのもとで家族あるいはチームの一員として可愛がられており、「Cats at Work」のインスタグラムを開設して楽しんでいる人々もいるようだ。
全米で最もネズミの多い街と言われるシカゴだが、猫たちの努力によって汚名返上できる日も遠くなさそうだ。

関連URL: Animal Rescue Has Released 1,000 Feral Cats into Chicago's Streets to Combat City's Rat Problem

  • ペット保険比較 あなたのペットに最適な保険を選ぼう
  • メルマガ会員募集
  • 4コマ漫画「ネコチチイヌハハ」
  • 高品質で栄養バランスに優れたセレクトバランス
  • 全国のペットショップの採用情報
  • ペットライブラリー株式会社
  • あにまるケアハウス
  • ペットシッターあにまるている